2007/06/13







・仕事
 残業ができなくなって、今まで残業してたものを通常時間に詰め込まなきゃならなくなって、ぎりぎりの状態でやってたから残業になってたわけであって……
 これじゃ、割に合わないんじゃないの? とも言われ始めちゃってて。
 というか、将来的に不安ですなぁ(遠い目


・頂き物
 アップしました。アップ漏れや敬称抜けなどありましたらご一報を。



●絵
 上:「DCG-173 金剛」です。前後をぶった切って、スペーサーを噛まして全長増加。バルジを装備して浮力と復元性、防御力を増加。連装15.5cm砲を2基、主砲とし、連装128mm両用砲4基と単装128mm速射砲を2基装備。あとはAASM、CIWS、AAGGの三重防御を施して、ヘリ格納庫を付けて完成。アルトリー・ミサイルシステム(ロード1.1)は積んでますが、フライスワッター発射筒は未装備。ABMはヒマラヤIIのみとなってます。
 短期間で改修成ったのがこの、金剛級です。勿論全艦この改修を受けましたが、霧島と妙高はオホーツク海に沈んでます。
 初期の設定では殆ど改修されてませんが、それだと「艦艇延命計画」が意味ないんじゃないの?と脳内会議で決議しましたので、地獄の加筆修正をやっていた頃からだいぶ設定を変えていました。

艦種 ミサイル巡洋艦
軍籍 日本海軍
全長 207.2m
全幅 21m
喫水 6.2m
基準排水量/満載 8280t/13165t
主機関 ガスタービン4基/2軸推進
速力 約33ノット
乗員 270名(基本乗員) 26名(航空団員)
搭載機/機数 JH-24M フィッシャー /2機
兵装 54口径15.5cm連装砲 2基
54口径128mm連装両用砲 4基
64口径128mm速射砲 2基
VMG12.7-2 重機関銃 4基
VMG30 機関砲 2基

ヴァリアント・パテントMk.5 8基
オーディン・ロジック Mk.12 CIWS 2基
11AASM アースムXI 2基(AASM-11 アースムXI 1基につき11発)
33式4連装巡航ミサイル発射筒 2基(SSM-10TGA グレイトアックス)
33式3連装魚雷発射管 2基(自動装填可能)
ゴッドブレスMk.10 VLS(64セル・32セル)

 あ、模型進んでない……_| ̄|○


 下:日本陸軍主力攻撃ヘリ「JH-26 ブラスター」です。極悪装備のヴァリアントIII-H 30mmガトリング機関砲は3砲身、レーダー射撃とアイリンクシステム連動が可能。おもちレーダーも持ってますが、普段は縮めてます。物陰に隠れてこっそり監視したりするときは伸ばします。BSCCDもついでに伸びます。ウヒヒ、覗きだぜ!
 水平尾翼・スタブウイング・尻尾(?)は折りたたみ可能、強襲揚陸艦格納時を考慮しています。
 見えませんが、右側には伸縮式の給油プロープがついてます。これは、日本軍のヘリすべてに共通する事で、陸軍は自前のJC-1K フューエルパフォーマー空中給油機や、JH-25K ライナー空中給油ヘリを持ってます。
 また、ケツのECM/ESMアンテナと機首のヴァリアントIII-Hのおかげで、胴体全長がアパッチより長くなってます。

名称/形式 JH-26 ブラスター
機種 攻撃ヘリ
重量 自重 5,820kg
最大離陸重量 12,725kg
寸法 全長 16.3m(ローター含まず)
全幅 6.52m(ローター含まず)
全高 4.6m
ローター直径 16.5m
速力 最高速度 412km/h
巡航速度 320km/h
上昇限度 7,350m(実用) 3,880m(地面効果外ホバリング限界)
航続距離 620km(増槽なし)
エンジン TPS-54ターボシャフトエンジン×2
武装 固定武装 GG30-3H ヴァリアントIII-H 30mmガトリング方式3砲身機関砲(弾数860発)
ハードポイント 6箇所:2箇所は増槽やサポート機器用。ファイアワイヤAGM×4、若しくはディスタンスAAM×4を4箇所に装備。そのほかにフレイムリングAGM、ロケットランチャー、ガンポッドなども装備可能。



●Web拍手返信
「このサイトを見てフランカーが好きになりました。小説の続きも楽しみにしています。」
 なんとかかんとか、執筆を再開できました。

「更新を心待ちにしています、がんばってください」
 ありがとうございます。最近、リアル事情が右往左往してるんで、だいぶ疲れてます_| ̄|○

「中尉!! ハリアーの生産ライン、もうとまってますよ!!」
 ヘイ、ジョン! そんなのは重々承知だぜ! だが、承知の上でやるからIFなんだ!
 ヒント:主要な史実と同じなのは2003年まで。
 もう分かりますね。2003年以降の歴史は、外機とは別。リアルにとっては外機がIFで、外機にとってはリアルがIF。それは、外機自体が2003年にスタートした物語だからなのです。だからスホーイが統合されてないんですね、はい。
 んで、F-35のあまりにも大きな価格高騰により、ここぞとばかりに再開したのがハリアーシリーズです。F-35を買えないユーザーは沢山いましたし、ライン再開の費用は楽勝で稼げました。つまり、外機に於いては2006年になってもシーハリアーFA.2が退役していません。ライトニングホーク(ライトニングIIではありませぬ)を使っているのは米だけです。
 そんで、何故「主要な史実と同じなのは2003年まで」と公言しているかと言うと、後出しジャンケンの如き歴史の追従は、近未来物にとっては厄介以外の何者でもないので。その時は「こうだった」事を、後になって「歴史と違う」と言われてもどうしようもないからです。まさに後出しジャンケン。
 つまり突っ込むだけ野暮ってものです。

「タイフーンMBの活躍を・・・」
 まぁそのうち。

「空自の次期主力戦闘機はF-15FXとF-22の二本立てになるそうですね。整備コストがかさみそう・・・」
 まだ決まったわけではないですが、そうまでしてラプター欲しいのか防衛省。

「戦車って200km以上走ると無限軌道ガ故障するって言われていますがトールハンマーはどうなんですか
40速戦って弾数大丈夫なんですか?」

 高速戦車と銘打ってる点で、自己解決できると思いますが、普通のよりは丈夫です。というより、200km限定ってのはないかと(ウィキですね?)。しかもそれは高速で走り続けた場合で、故障率が上がるというだけで正確な数字などないのでは?
 弾数ですが、口径が大きい+小型である分減るけど、それで大丈夫じゃないとか言い出しちゃうと、T-90の立場がないですよ。

「ちょっとノルマンディー行ってくる」
 海岸のトラップに留意せよ!

「同志中尉、大戦艦はお好きですか?」
 勿論好きですよ(ニヤリ

「うーん、中尉は絵もうまいですし・・・4コママンガ方向で出版?を目指してみるのも手ではないでしょうか?」
 いろいろやりたいんですが、なかなか足元が落ち着かないですねぇ(遠い目

「試験艦 あすか は外機ではどうなったんですか?」
 退役済みです。

「先日からゆっくりと読ませて頂いてます。自分はF-22派ですが、Su-37も同じくらい好きです!」
 酒の肴はフランカーがあればそれでいい!

「それと16DDHはどうなっていますか?」
 それにあたる艦は就役してますが、名前や形などが違います。

「タイフーンMBの絵ともっと活躍を・・・。」
 もうそのうち。

「初めて拍手を送る者です。原子力戦艦大和の副砲は自艦の主砲の砲撃に耐えられるのでしょうか?」
 副砲ですか? 副砲はさすがに、直撃には耐えられないです。

「こちらでは、早くも虫共が我が物顔に飛び回っています。ええい、侵犯機がっ覚悟しろぉ!(プシューーッ!)あっ、これが「五月蝿い」ってことなのか。」
 五月のハエと書いて五月蝿い。つまりそういうことなんですよね。

「フランカーのプラモ買いに行ったつもりが、気づいたらMiG1.44を手に・・・畜生誰がこんなことを」
 ミコヤンの亡霊です!

「いまさら気づいたんですがJC-2の説明にあるUNKNOWNとはいったい?」
 そりゃあもうUNKNOWNです(笑

「中尉!粉雪をください!」
 娘はやらん!

「現在学校の選択美術で22350型フリゲイトをモチーフにしたオリ艦を建造中。速力欺瞞用にギザギザ模様を喫水線付近に入れてみたのですがこれが中々……」
 速度を欺瞞したいから喫水線に白波書いちゃえ、それが外機@日本軍クオリティ。

「忙しいでしょうが頑張ってください。大型更新を楽しみにして待っております。(高千穂」
 ありがとうございます。なんかいろいろたまってて_| ̄|○状態です。

「外機の日本に住んでみたいです。でもあと40年後……年金生活かもしれません 外機の世界の日本なら、老後も安心して暮らせそうなんですがね」
 生活自体の心配はないのですが、テロが怖い外機世界。



2007/04へ  2007/07へ

戻る
トップ