第2628回「駆逐してやる!!!!!!!」
2015/12/18(金)

ヤークトってなんかカッコイイよね響きが」
「ああ、うん。日本語で『狩猟』という意味だね」
「ヤークトティーガーとかいい響きだよね」
「日本語で言うと『狩をする虎』、英語で言うと『ハンティングタイガー』か」
「だね。でもやっぱ言語の響きが一番いいよ」
「ふふ……わかっているじゃないか」
「ヤークトカルラ」
「なんだいそれは」
「狩をするカルラ」
「いやそうじゃなくて──」
「ヤークトイズベルガ」
「うむ」
「えっ」
「…………(スッ」 ←手を差し出した
「…………(ガシッ」 ←その手を握った
「えっ!?」
「カルラはわかってないなぁ」
「まったくだな、情けないぞ戦友」
「い、いや、そんなことは! そう、分かっていますとも!!」
「じゃあ説明してみて」
「えっ!?」
「何が分かっているのか説明してみて」
「え、えぇと…………」
「…………(じーっ」
「えっと…………」
「…………(じーっ」
「その…………」
「…………(じーっ」
「……………………」
「まだまだだな」
「すみません」
「まだまだだね」
「結局なんだったんだ?」
「いや、言ってみただけだけど?」
「は?」
「だから、言ってみただけだから意味なんてないよ」
「うむ。私もテキトウに返事して握手しただけだ。意味などない」
「え!?」
「はい、これで今回の容量稼げた。お疲れ様っ」
「うむ」
「なんだか納得いかないなぁ」

海袮(P-3C)
撃沈したぁぁぁぁい! 油断するとすぐに駄洒落が飛び出す。駄犬とか言うな!
イズベルガ(M-262 A-1b)
軍人気質。残りの戦友達に逢えるのはいつの日か? 時折遠くを見つめてる。
カルラ(Bf109F-1)
イズベルガの戦友。双方の隙間にて意識が散った状態だったが、セラが集めてつれて来た。





第2627回へ  第2629回へ

戻る
トップ