第2652回「VG翼クラブはF-111を欲している!」
2016/01/11(月)

「Web拍手にお便り来てるよ」
「お? なんだ?」


>1月11日なので、早く可変翼機の航空ガールを増やしてください。今日の日付にちなんだ機を。ある意味クリスの仲間の奴ですが。



F-111ネ」
「VG翼クラブとしては、絶対欲しい航空ガールにゃ」
「ですね、いったい何年待たせるのか」
「相当放置してるよネ」
「フラグ立てといて未だ登場せずな奴、他にも何人か居るしな」
「その気ニなれバ、すぐにデキルでしょウ?」
「その気にならないのが問題なんだよネー」
「やはり修正が必要か……」
修正分子ですね」
「具体的にどうするにゃ?」
「追い詰める感じ?」
「追い詰める感じ」
「抽象的にゃ〜」
「そりゃオメー具体的に言ったらさ、ヤバイじゃん?
「ですね、それはもう」
「こらこら」
「プログラムを入レ替えれバいいのヨ」
「無人機じゃないんだから無理でしょーっが」
「フフ……無人機ジョーク ヨ」
「無人機ジョークですかい」
「人格交代」
「二重人格?」
思い込みでもう一人の人格を作り上げるとか」
やがてそれが本当に二重人格になってしまうのにゃね」
「アッキーを二重人格にしたら面倒すぎるよ。ただでさえメンドクサイ性格してるのに」
「それならもう一人の人格は勤勉なのがいいんじゃね?」
「ではその人格を主人格にしましょう」
「やる気ノないホウは、きっトそのママ寝ちゃうわネ」
「まぁやる気ないから表に出て来なさそうではあるネ」
「起こすなって言いそうにゃ」
「んで、かつて表だったアッキーの影響で、次第に勤勉なアッキーも無気力星人になっちゃって、結局表も裏も無気力星人ってオチ」
「同志秋元ならありえるな」
「話になりませんね」

リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
ステラ(FX-11A)
ブルーレイン搭載のFX-11A、無人機だが自我がある。名前はみんなに付けてもらった。
ルーヤ(Su-24)
日々剣技に磨きをかけているが、未だにA-50がやってこない。ナイチチ同盟は不滅!
クリスティーナ(Tu-22M3)
割とネタに走る、都内某所に入り浸り!? (実用的な)筋肉フェチらしい。
ミオ(F-14A)
お菓子が大好き、自分専用冷蔵庫には常にアイスなどが満載。元気で素直な女の子。





第2651回へ  第2653回へ

戻る
トップ