第2696回「いざって時に助かる物!」
2016/02/24(水)

「いやー、まいったまいった」
「……どうしたのですか?」
「またなんかぶっ壊したの?」
「違うよ!?」
「じゃあ何?」
「ちょっと出先でさ、ふと気付いたんだ……家に携帯電話忘れてきちゃったと」
「はは〜ん、連絡とりたいのにとれなかったのネ」
「そうそう」
「……それは困りますね」
「普段常に手元にあるもんだから、いざ必要な時にないとなると、困るんだよな」
「そうだネ〜」
「だが、こういう時に頼もしいのが公衆電話だ!」
「おお、公衆電話っ」
「いやぁ、15年位ぶりに使ったよ。今じゃ設置数も激減して、利用者数もそんなに居ないんだろうけど、やっぱあると困った時に助かるよな」
「だネ」
「……駅の中などは、高確率でありますね」
「まぁ問題はもう一つあって、小銭が100円と50円しかなかったんだよ」
「公衆電話って、10円か100円しか使えないよネ? で、100円入れてもお釣りは出ない
「うん、10円で事足りる内容だったから、100円入れるのもなんだなと思った。テレフォンカードも持ってないしな」
「……どうなされたのですか?」
「自販機に150円入れて缶コーヒー買って、そのお釣りで電話した」
「それは……う〜ん、まぁ缶コーヒーは手に入るわけだし、10円で足りる通話で100円飲まれるよりはいいのカナ」
「良いのだ!!」
「……良いのです」

アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
秋元 健太(無気力星人)
アリスのマスター、趣味と萌えに生きる無気力星人。





第2695回へ  第2697回へ

戻る
トップ