第2725回「音より速くぅぅぅぅ」
2016/03/24(木)

音速越えの弾ってやばいよな、銃弾も砲弾もロケット弾もミサイルも。人だけの力で接近に気付くのは大変だぞ」
「そうだネ。人だけの力だと、視覚とか聴覚とか、ま、あとは感もあるけどサ、その中でも聴覚は使えないからネ。発砲音で、撃たれた人以外の仲間が気付いて逃げるとか、そういうのは置いといて」
「なんでー?」
「音速越えって事は、音より速いからだよ。音より速いって事は、発射音が目標に到達する前に、発射された弾が目標に到達しているって事。飛翔音は着弾と同時に来るし、発射音(火薬音と衝撃波)は着弾したあとなのだ」
「音と同じくらいでも同じ感じだよネ。音が聞こえた時にはもう目の前だよ」
「まぁ音の速さは気温や気圧なんかで変わるけどさ」
「簡単に言えば、スナイパーライフルで撃たれたら、音が聞こえる前に頭を撃ち抜かれるって事」
「こわい〜っ」
「まして小さい弾丸なんて、目視できないしな。距離にもよるけど、夜間ならマズルフラッシュもほんのり見える事もあるそうだけど、ほんと小さな光だってさ」
「腕のいいスナイパーってのはほんとヤバイんだってネ」
「シモヘイヘとか有名だな」
「でもロケット弾とかミサイルくらい大きかったら、視認はできるでしょ」
「だネ。それが音速越えだったら、聴覚は役に立たないけど」
「音は大事だからな〜、視覚が及ばない範囲も感知できるから、それが機能しないとなると凄く不利だね」
「目視できなかったら感と運だよりか〜」
「そうなるネ」
「速度の話だけどさ、レーザーで攻撃されたら避けられないんじゃね?」
光の速度だからネ」
一秒で地球を7週半するんだっけ?」
「そんなのよけられないよ」
「相手の射撃精度が悪いとか、撃たれる前に射線をずらせていたとか、まぁ避けるのは難しいだろネ」
「ニュータイプじゃないと無理だな!」

リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
クリスティーナ(Tu-22M3)
割とネタに走る、都内某所に入り浸り!? (実用的な)筋肉フェチらしい。
シンディ(F-86D)
コレットは私専用と言い張る、生粋のロリコン。おまわりさんこっちです!!
コレット(2.75in.FFAR)
臆病ですぐ泣くが、歳(?)相応カモシレナイ。しかし自爆だけは断固拒否。





第2724回へ  第2726回へ

戻る
トップ