第2763回「流石に我慢できなくなったので」
2016/05/01(日)

「サブPCのALICE3、だいたいいっつも起動しているんだが」
「最近絵を描いてないからネ〜? メイン機の電源入れてないもんネ〜? サブで十分だもんネ〜?」
「うぐっ」
「メインPCはペンタブレットやスキャナを繋いでおるから、それを起動していないという事はそういう事じゃな?」
「うぐぐっ」
「今じゃサイトの更新だってサブ機でやってるしネ。何しろ雑談小屋しかやってないからネ」
「うぐぐぐっ」
「それで、なんの話じゃ?」
「聞くだけ聞いてあげる」
「いやね、家に居る時はだいたいいつも起動してるからさ、ホコリが凄く溜まってたんだよ中に」
「あ〜、パソコンはホコリを内部に溜め込むからネ」
「……吸っている?」
「そうだよ、主にケースファンで空気ごと吸い込むからネ」
「結構こんもりと溜まるんだよなぁ、たまには内部の掃除をした方がいい。バラせるならだけど」
「分解掃除したのかぇ?」
「まぁそれはついでなんだが」
「なんかやったの?」
「ず〜〜〜〜〜〜っと思ってた事だけど、ケースファンがうるさいので静かなのに交換した」
ケースファンがうるさいってず〜〜〜〜〜〜っと思ってたのに、今までやらなかったの?」
「だってメンドかったんだもん」
「大した手間じゃないでしょーっが」
「またメンドクサイかぇ」
「いや実際たいした手間じゃないんだけどな。なんかね? で、ついでに掃除したわけ」
「んで静かになったの?」
「なったよ、ちゃんと騒音値を確認してから買ったしな。ただ……」
「ただ?」
「今度はCPUファンの音が気になってな!」
「だろうと思ったよ」
「CPUファンは静音タイプではないのかぇ?」
「リテールのを使ってるからな」
「……リテール?」
「要は一般流通用のパッケージ商品だよ。CPUの場合は、純正のCPUファンが付属してたりしてなかったりするの」
「……なるほど」
「そういうわけで、ケースファンが静かになったおかげで、CPUファンの音が主張しちゃってるって事だ。現状の性能と使用方法では、冷却能力の問題はないんだけど……気になるから変えちゃおうかなって思ってる」
「気にしだしたら止まらぬぞ?」
「まぁそうなんだけどな」
「でも、かなり静かになったでしょ?」
「ああ、騒音値で言えば半分以下になっているからな。部屋を片付けて配置を変えたら、すんげぇ気になるようになってたんでな。配置のせいか反響音までしてたし」
「……それはいけませんね」
「ま、これで快適になったから寝落ち増えちゃうなぁ〜」
 じと〜っ
 じっ
「はは……は……冗談だよ……」

アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
ガーベラ(Su-37jkE)
翼の姉妹達の仲ではお姉さん役。妨害電波でみんなを守る。待て、毒電波ではないぞ!
秋元 健太(無気力星人)
アリスのマスター、趣味と萌えに生きる無気力星人。





第2762回へ  第2764回へ

戻る
トップ