第2792回「これは便利!」
2016/05/30(火)

「プラモ復帰と言う事で、塗料ビンを確認したんだが……」
「同志秋元、言わなくてもわかるぞ
「うん、わかるネ
「…………」
「固まってて使えない!!」
「ま、10年以上も放置してりゃそうなるよネ」
「薄め液とかで復活させればいいんだけど、本格的に塗装する気は今の所ないから、ガンダムマーカーを買った
「ガンダムマーカーかぁ、あれ便利なんだよね」
「うん、特にワンポイント塗装するのに都合がいい
「だろうネ」
キャップ開けてすぐ塗装、キャップ閉めたら片付け完了。だからね」
「そういう事。筆洗ったりしなくていいのは便利。因みにスミ入れペンは出たての頃に買ったのがまだ残ってたので、それを使っている」
「中尉が高校生くらいの時のだろ? 15年以上前のじゃんか」
「意外と乾燥してなくて、ちゃんと使えたぞ。ビン入りは全滅だったのにな」
「構造的に、密閉性が結構高いんだネ」
「で、どのくらいまで行ったの?」
「組み立てとワンポイント塗装・スミ入れは完了。あとはクリアパーツの下に付属シールの余白部分を切って貼る、これがメタル調で都合がいい。それと刀にキッチンテープ(アルミテープ)貼ればOKだな」
「そのキッチンテープって、もしかして……」
「俺が高校生の時に買ったものだ!」
「やっぱりネ」
「道具と材料には困らないだろぉー?」
「うん、ハマってた頃に色々買ってたから、大体揃ってる。エアブラシとコンプレッサーもあるから、全塗装もすぐに復帰できるぞ。塗料は乾いちゃってたけど」
「道具と材料どころか、プラモ自体にも困らないでしょ? 積んどく沢山あるんだから」
「うぐっ……ま、まぁな! ハハハ!」
「しかしま、片手間でやっても3、4日で完成するようだね」
「BB戦士だし、ワンポイント塗装とスミ入れ、アルミテープ、これで押さえてあるからな。逆に言えば、それで押さえられるくらいに元のプラモの完成度が高いって事だ」
「ガンプラは、パチ組みで完結できるように進化したからネ」
「尤も、こだわりだすと時間が掛かるけどな。改造抜きにしても、合わせ目消しにパーティングライン消し、ヒケ取りに肉抜き穴埋め、押しピンの跡を埋めたり、ランナーの切り離し跡を綺麗に処理したり……んで、全塗装、と」
「各自好きなように作ればいいのだ、それがプラモデルだ!」
「だネー」
「そういうこと! 依頼を受けた人が仕事でやるとなると、また話は別になるけど、趣味だからな」
「……ですね」

アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
クリスティーナ(Tu-22M3)
割とネタに走る、都内某所に入り浸り!? (実用的な)筋肉フェチらしい。
秋元 健太(無気力星人)
アリスのマスター、趣味と萌えに生きる無気力星人。





第2791回へ  第2793回へ

戻る
トップ