第2862回「冷える冷えるよぉ〜〜〜〜っく冷える」
2016/08/08(月)

「湿度が低いとめっちゃ寒いね!!」
「突然、なんですか?」
「アッキーの部屋のエアコン、今大暴走中なんだよ」
「大暴走って、壊れてるの? ならさっさと買い換えなさいよ」
「……今年はこれで持たせます」
「持たせるって……大丈夫なの?」
「うん、ここのところは扇風機と併用しなくても、除湿モードならちゃんと冷えるようになったからな。相変わらず冷房モードにするとなまぬるぅい風が出るけど」
「ま、冷やすって点では問題ないんだよネ」
「なら何が大暴走なのよ」
「冷えすぎるんだ!!!」
「そんなに室温を下げるんですか?」
「いや、室温は設定どおり26度なんだけど……湿度が35%とかしかないの。夏とは思えないな!」
「随分と低いわね。冬じゃないんだから」
「室温は26度、これなら寒くは感じないと思うんだけど……湿度が35%しかないから、寒く感じる」
「室温設定上げれば?」
「その手もあるんだけど、今の設定で素直(?)に動いてるから、設定を弄りたくないんだ。またヘソ曲げちゃったら今夏を乗り切れない!!」
「そんな訳でアッキーは、エアコンに翻弄されるのでありましたとサ」
「いやいや……どうやらそんな話をしていたら、エアコンが気を利かせてくれたらしいぞ! 湿度が38%まで上がった!
「えっと……不安定なだけでは?」
「因みに設定湿度は?」
「50%」
「ぜんぜん言う事聞かないのね」
「うん。これもうかつに触れない、今の設定から変えてしまうとまたおかしな事になりそうでな」
「……このまま夏を乗りきるしか、ありませんね」
「だなぁ〜、ちゃんと冷えてくれれば文句はないよ。あるけどないよ
「あるのかないのか、どっちなの?」
あるに決まってるだろ! って言ったら、エアコンがまたヘソ曲げそうだなぁ」
「もう言ってますけどね」

アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
ルナ(Su-37jk)
割と積極的に行動するタイプで、マスターである鎌土に対しては特に積極的。趣味は読書。
カタリーナ(Su-37jk)
とにかく強気で世話好き、気楽な性格だが楽観的ではない。間違いなくカカァ天下。
(Su-37jk)
ファーストプロトタイプの精神生命体。訳あっていろいろ大変だった。一途で尽くすタイプ。
秋元 健太(無気力星人)
アリスのマスター、趣味と萌えに生きる無気力星人。





第2861回へ  第2863回へ

戻る
トップ