第2887回「IoTが進んで ToT にならなきゃいいけど」
2016/09/02(金)

「ありとあらゆる物をインターネット接続しようっていう、IoTって取り組みが世界で流行ってるけど、すっごく危ないよネ実際問題。便利なんだろうけどサ」
「便利にはなるのじゃろうが、サイバー攻撃の標的になるのは目に見えておる。果たしてメーカーがそれから防衛できるのかの?」
「お抱えエンジニアの腕次第カナ? でも絶対はないよネ」
「実際、ネット接続された防犯カメラを簡単にのっとる事ができたそうですわ。それ以外の機器も勿論」
「脆弱性が見つかったからアップデートって何度も何度もやるんだから、サイバー攻撃に対して完璧な物は作れないよネ」
「これもイタチゴッコじゃからな」
「医療機器や交通網など……攻撃されたら最悪ですわね」
「IoTを狙ったサイバー攻撃は、既に世界中で起きてるそうだし、ていうか起きない訳ないんだよネ。スタンドアロンでないのなら、そういう事する輩には格好の餌食でしょ」
「日本ももちろん受けておる。最早、パソコンやスマホだけがウイルス感染やクラッキングされるわけではないのじゃな」
「ネットにつながる機器って増えたもんネ〜」
「それで、身の回りのありとあらゆる物がIoTになったら、それら全部にアンチウイルスソフトやら何やら入れるのかの?
「まぁーそうなるんじゃないの? 有料だったらどうするよ?
「最悪じゃな」
「そういうのは、メーカーが機器の機能の一つとして無料提供すべきですわ」
「ていうかサ、ドライヤーがIoT化しても意味ないよネ」
「センサーとコンピュータが最適な乾燥を実現してくれるのじゃろう。常に情報を共有し、アップデートし、学習して」
「そこまでする必要が?」
「ないと思うんだけど、なんでもかんでもやりそうな気がしないでもない」
「こんな物はIoT化しなくていい、ほかには?」
「シュレッダー」
「まぁそれは明らかに要らぬのぅ」
「テキトーな理由はつけられそうだけどネ。あ、今思ったんだけどサ、エアコンがクラッキングされたりウイルス感染したりしたらやばくない?
「確かに嫌な予感がしますわね」
「真夏のお昼、エアコンつけてウトウト昼寝……突然暴走して暖房MAXになるエアコン! 熱中症になって病院送り」
「うぅむ、恐ろしい」
「ていうか車なんて恐ろしいの先頭集団に名を連ねるでしょ。自動制御とか自動運転とか、それらが暴走したら最悪の結末しか見えないネ」
「間違いなく狙われますわね」
「わらわ達航空機もじゃな」
「だネ〜。っていうか、その原因を作るのが仕事の一つな奴が、目の前に居るんですけどー?」
「ん〜? 知らぬのぅ? まぁ戦争じゃて、目標は敵じゃから良かろう、の?」
「あらあら」
「こわっ」

リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
もみじ(JE-1)
躑躅隊・翼の姉妹達の頭脳、まさにセントラル。怒らせないように! 絶対にだ!
ガーベラ(Su-37jkE)
翼の姉妹達の仲ではお姉さん役。妨害電波でみんなを守る。待て、毒電波ではないぞ!





第2886回へ  第2888回へ

戻る
トップ