第3089回「メガネさえかけていなければ!」
2017/03/23(木)

「『かが』も就役した事だしさぁ〜」
「うん」
「あの潜水艦に魚雷撃っていい?」
「駄目だろ」
「えー、いいじゃん、大丈夫・大丈夫ぅー」
「司令がメガネかけてたらアウトだぞ、知らないぞ」
「うぐぐぐ……目の前に存在しない存在っていう獲物がいるのに!!」
「だいたいなー、あれ米軍のだろー? 星条旗掲げてるし。なんだっけあれ、ほらえ〜っと」
「あれはシーウルフだよ」
「あー、そうそう。だから余計に駄目だろ」
「そんじゃあっちのアレクサンドル・ネフスキーならいいよね?」
「ん〜?」
「ロシアのボレイ型原潜だよ」
「艦番もなしによく分かるな」
「セイルにロゴがあるからね」
「ああ、なるほど。でも駄目だろ
「えぇ〜、いいじゃん、存在しない存在だからいいじゃ〜ん」 ←魚雷を出した
「止めたからな?」
「……え?」
「海袮? 私は許可していませんよ?」
「ゲェー!!」
「あ〜あ、だから止めたのに」
「こ、こここれは領海侵犯でぇ!」
「領海に入ってないし浮上してるけどな」
「ちょっと合わせてよ」
「嫌だよ」
「酷い!!」
「諦めるんだな」
「諦めなさい」
「あ、存在しない存在ですぅ〜」
「……潜水艦を二隻、確認」
「航空魚雷用意ぃ」
「……レオナにお任せ」
「沈みなさぁい(投下」
「ちょ! あいつらは!?(指差しながら
「あれは自衛隊じゃないからな」
「管轄外です」
「デスヨネー」

海袮(P-3C)
撃沈したぁぁぁぁい! 油断するとすぐに駄洒落が飛び出す。駄犬とか言うな!
志乃(F-1)
注射と粉薬とアカが大嫌いな、チビで生意気な女の子。チビって言うなぁ!
粉雪(E-767)
私的な自分と公的な自分を分けている。メガネをかけるとシャキッとして、公的な自分に。
アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
レオナ(Su-34jk)
普段はぽけぽけしているが、攻撃・爆撃時になるととにかく攻撃的になる。





第3088回へ  第3090回へ

戻る
トップ