第3091回「タブンマニアウヨ」
2017/03/25(土)

「あー、あれはネー、アリエスじゃないしネ」
「何してんの?」
「ん、昨日の話についての、Web拍手のお便り読んでるの」
「へぇ、どれどれ」


>EP-3なら海自にもあったと思います。E仕様では無いと思いますが。


「あ〜、海自のはアリエスとは言わないしね。外見もかなり違うよ」
「冷戦終結で余剰となったP-3C 20機のうち、5機を改造したのがEP-3だネ」
「EP-3EにもアリエスとアリエスUがあってややっこしいね」
「EP-3E アリエスは電子戦訓練機、EP-3E アリエスUはSIGINT機だネ」
「EP-3E アリエスUといえば、海南島事件だよね」
「中国の海南島沖110kmで無線通信傍受を行っていた、アメリカ海軍のEP-3Eと、人民解放軍海軍の殲撃8型U(J-8U)が空中衝突した事件だネ」
「EP-3Eは大きく損傷したものの、海南島の飛行場へ不時着。J-8Uは墜落してパイロットが行方不明」
「で、まぁ当然というかなんと言うか、EP-3Eは中国に機体調査されちゃってるんだよネ。当時の米中は険悪だったし」
「そりゃ調査するよね、ベレンコ中尉のMiG-25だってやったんだし」
「軍事の世界じゃ当たり前っしょ。だもんで、のちにEP-3Eはアメリカに返還されたけど、システムの変更をしなくちゃならなかったと、言われているネ」
「その辺は機密だから正確な事はわからないけど、解析されちゃったらやらざるを得ないだろうね」
「ま、偵察データとか暗号解析機とか、そういう類いのは破壊してから拘束されたらしいけど。作業は不完全だったとも」
「で、どっちのアリエスになるの?」
「航空ガール? アリエスUみたいよ。偵察機仲間が増えるってワケ」
「いわゆる電子偵察機だから、電子戦機でもあるけどね」
「まぁーネ」
「あ、もう一つお便りあるじゃん」


>WP-3Dも有りますよ。ハリケーンハンターで米海洋大気局が運用。


「尻尾がごっつくなったやつね」
「あれは何になるのカナ?」
「尻尾が太くて短い犬種じゃないの?」
「やっぱ犬なのネ」
「勿論だワンっ」

リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
海袮(P-3C)
撃沈したぁぁぁぁい! 油断するとすぐに駄洒落が飛び出す。駄犬とか言うな!





第3090回へ  第3092回へ

戻る
トップ