第3134回「キャラも大体固まってきたので」
2017/05/07(日)

「……ア、GS」
「ム?」
「ソロソロ来る頃だト思ったワ」
「ステラ、このAQ-20……D型カ」
「そうヨ」
「アルマ……ダ」
「ム? もう名前ガあるノカ?」
「ワタシがつけタのヨ」
「なるほド」
「アルマか、小さいな(ぽんぽんっ」 ←頭をぽんぽんした
「小型単発ダカラ」
「ヨロシクね」
「うむ。私は見ての通りの雛菊級、1番艦の雛菊だ。よろしく」
「コルネットだ、ヨロシク」
「ウン、ヨロシク」
「そのウチ、FX-10などモきそうダナ」
「ソウね、そしたラすぐニ名前ヲつけてあげルわ」
「うむ、名前は大事だ」
「ところデ、このパターンはだナ?」
「勿論、歓迎パーティーを開く流れだ。謎の空間がそうしろと言っているのだろう、新・航空ガールがやってきて、そして私がここに呼ばれたという事はな」
「空母ハ便利だナ」
「だろう? お前もなってみるか?
「無茶をイウな」
「何隻かクっつけれバ、いけルかも知れナイわ」
「無茶をイウな!」
「凄い事ニなりソウ」
「凄い事ニなるワ」
「やらナイからナ」
「残念だな」
「そんな事ヨリ、さっさト他ノ皆ヲ集めてコイ」
「えエ、そうネ。行くワよ、アルマ」
「ウン」
「さて、大和達も来たようだ。準備はこちらでやっておこう」
「そうダナ」

アルマ(AQ-20D)
ブルーレイン搭載のAQ-20D、名前はステラがつけた。その為か、自我を認識しているようだ。
ステラ(FX-11A)
ブルーレイン搭載のFX-11A、無人機だが自我がある。名前はみんなに付けてもらった。
GS(UGC-1)
無人艦、ブルーレイン搭載のA型。本人は自我を否定しているが……? 艦艇ガール。
雛菊(ACCA-1)
艦艇ガール。取り扱い注意の危険物、攻撃型ツンデレ。ねぇ誰にデレるの? ねぇっ!?





第3133回へ  第3135回へ

戻る
トップ