第3144回「ジェラ『それは……秘密であります!』」
2017/05/17(水)

「カチッ、カチッ)ん? あ、これはレンには見せない方がいいネ」
「なにが?」
「おっと、こりゃマズった、見つかった! あたしとした事がっ」
「なによ?」
「ん〜、まぁこれ見てよ。Web拍手のお便り」


>そうか!その手があったか!


前回の話だね! そうだよ、その手があったのよ!!」
「いやぁ〜、あんたまだ諦めてないの?
「当然よ! どうしても確かめたいんだから! それじゃあ早速、オリシアに頼もう!」
「いや〜な予感がするけどネ」



「えー」
「えーって! いいじゃない、仕事よ仕事! 問題なし!!」
「でもなー、ちょっとなー」
「大丈夫よ! ちょ〜〜〜っと、プリシラとジェラの秘密の会話を聞いちゃうだけだから!」
ガッツリ聞く気でしょーっが」
「ちょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとだけ、ほんと!」
「んぅー、でもほらー」
「え──」
「だめだよ」
「わっ!?」
「だめだよ」
「ね? だめでしょ?」
「い、いいじゃん、これは偵察機としての興味だししょうがないよね?」
「だ・め・だ・よ?」
「うぐぐぐ……リエナ、この戦闘爆撃機なんとかしてよ」
「えぇ〜、あたしも偵察機だしな〜」
「戦闘偵察機でしょ!!」
「え〜、超高高度から降りたくないし〜」
「もう降りてるじゃないの!!」
「ほらー、こわ〜い妹さんがね?」
「パ、パトリシアだって興味あるでしょ? だから一緒に聞いちゃえばいいじゃない」
「その必要はないのよ」
「え、それってどういう意味? 聞かなくてもいいって事?」
ここで聞く必要がないからね」
「な──知ってるなー!? 秘密の会話、知ってるなー!?
「ああ、知っているよ。私も会話グループに入る事あるし。ふふっ、もしかしたら、私が居ない所でもっと凄い会話をしているかも知れないけどね(キラキラ
「目がキラキラしてるよ」
「そ、それなら聞いちゃおうよ興味あるでしょ?」
「分かってないわね、知らない部分があるからこそ、姉さんとジェラでいろいろ妄想できるのよ」
「あ、うん、そう……だね」
「これは重症ねん」
「だネ」

レン(SR-71A)
割とだいたいツンツンしてる。翼がでかくて邪魔なので、普段は縮めて動きやすく!
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
パトリシア(F-15E)
姉(プリシラ)が大好き。好き過ぎて、姉の幸せがこの世の一番! それが自分の幸せ!
オリシア(EP-3E ARIESU)
その電波、周波数もらいます。その電波、内容解析しちゃいます。弱おっとり系。





第3143回へ  第3145回へ

戻る
トップ