第3149回「気になっていたので」
2017/05/22(月)

「今ちょっとネタバレ倉庫の艦船構成図を改修中だ」
「どんな感じに?」
「今までは色々省いて載せてたけど、もうちょっと細かくやってみた。暫定的にこんな感じ」
「天塩沖メガフロートは、湾内の設置じゃないから色々面倒だし、削除した。戦力は隷下の基地にも分散してるし、無くてもいいだろう」
「中小規模の軍港も載せたのネ」
「うん。今までは艦隊の本拠地と他一部(阪神とか勝連とか)だけだったから。教育用船舶基地は……どうしようかなぁ〜、呉・舞鶴・佐世保は各基地の一施設として、横須賀は結構離れてるんだよなぁ、あと走水海上訓練場は……防大の施設だけど、う〜ん、まぁ設備は海軍管轄でもいいか、やっぱ載せようかなぁ。でもま、いいかぁ、う〜ん。
尚、南鳥島航空基地は存在を忘れていた──ゴホッゴホッ、あー、あー、いやいや」
「択捉島はぁ〜?」
「設定し忘れていたなんて事はないぞ! 決して!!」
「ハイハイ」
「……中型・小型基地は泊地指定されているほか、護衛駆逐艦や哨戒艦、哨戒艇やミサイル艇が配備されています」
「警備舟艇基地ってのは、全長10mくらいの哨戒艇(複合型哨戒艇)の基地ネ。海に隣接した空港なんかを警備したりしてるよ」
「基本的に、海に面した航空基地には最低でも警備舟艇基地があるようになっている。外機のご時世、テロを警戒しなくちゃならんからな」
「てか現実でももっと警戒しないと駄目だと思うけどネ。このあいだ(5月17日)、高浜原発にペットボトルロケット撃ち込まれる事件あったし」
「あったな。ま、そんな訳で、海軍の海に面する航空基地には、最低でも警備舟艇基地がある。これは空軍も陸軍も同じだけど、海軍と共用の場合は、海軍が水上警備を担当しているぞ。尚、硫黄島と南鳥島は警備・作業用に小型支援船を持つけど、この二つは舟艇基地所属扱いされてなく、便宜上は港湾業務軍団所属だけど、実際は航空基地直属の支援船となる。また、硫黄島は港がないので、民間の小型ホバークラフトを改造して配備しているぞ」
「……海保基地は、第一・第二海保を再整備したものですね」
「海保基地には警備舟艇基地があり、レーダーサイトと2020SAM ブーム(20式牽引対空誘導弾)、連装両用砲塔で武装している」
「浦賀にも基地があるのぅ」
「主に、横須賀基地を本拠地とする艦の、停泊用だな。現実では、数年前まで旧海軍の桟橋が残っていたんだが、今では歩道になってる。だが、外機では軍港ね。長瀬には防衛省技術研究本部艦艇装備研究所があるけど、外機では港が増設され、これも浦賀基地の一部となっている。住所的には長瀬だけど、便宜的に浦賀基地ってトコ。あとは作中、過去に空襲を受けた横須賀の飛行場はこの近く、横須賀火力発電所のすぐ沖にある。防空装備のイーグル改が離着陸できる程度の長さだから、滑走路は1500mくらいか?」
「重装備状態で降りなきゃ大丈夫でしょ」
「常にアレスティングフック&ワイヤーを使えば、もっと短くても」
「陸上機にそれは酷ですわ」
「陸上機のアレスティングフックはぁ、あくまで緊急用ですからねぇ〜」
「飛行甲板上みたいに、急制動もしないしネ」
「HAHAHA!!! 冗談だ」
「艦上機とて、やらなくて良いのならばやりたくは無いぞぇ?」
「腰の辺りをピーッンって引っ張られる感覚だよネ」
「レオナはぁ、尻尾を引っ張られるような感覚ですねぇ〜」
「……私も」
「わたくしもですわ」
「じゃあナイロンバリケードで」
「い・や・で・す・わ」

アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
もみじ(JE-1)
躑躅隊・翼の姉妹達の頭脳、まさにセントラル。怒らせないように! 絶対にだ!
ガーベラ(Su-37jkE)
翼の姉妹達の仲ではお姉さん役。妨害電波でみんなを守る。待て、毒電波ではないぞ!
レオナ(Su-34jk)
普段はぽけぽけしているが、攻撃・爆撃時になるととにかく攻撃的になる。
秋元 健太(無気力星人)
アリスのマスター、趣味と萌えに生きる無気力星人。





第3148回へ  第3150回へ

戻る
トップ