第3167回「もうすぐ貴様らの季節か……!!」
2017/06/09(金)

「…………この気配、居る!
「居るわね」
「ああ、もう出てきたのか」
「何ガ?」
「モスキートだ」
「デハビランド?」
「そっちじゃないわよ」
「しっ! 今見えたぞ」
「あっ、テレビの端っこ、居るぞ。とまってる」
「アア、蚊だネ」
「叩き潰してやるわ」
「まぁ待て、これがある」
「それハ?」
アー○ジェットだ」
「アース○ェットっテ、何?」
「ジェット噴射タイプの殺虫剤よ。普通のスプレーよりも速く遠くへ届くわ」
「ソウなんダ」
「喰らえ(ブシュー!」
「いいぞ! 一撃だ! ははっ、教育してやったな戦友!」
「やっぱりいいわね、アースジェッ○」
「便利だよな」
「蚊……双方の隙間デは、見た事なかっタな」
「ああ、あそこはここみたいな所じゃないからね」
「基本真っ暗だよな」
「真っ暗だから見えないだけだったりして」
「い、いや、純粋に居ないだけだろう……たぶん」
「刺されるト、痒イらしいケド」
「ああ、痒くなるぞ。そうか、刺された事ないんだな」
「試してみる?」
「絶対イヤだヨ」
「そりゃそうだ」

カタリーナ(Su-37jk)
とにかく強気で世話好き、気楽な性格だが楽観的ではない。間違いなくカカァ天下。
アルマ(AQ-20D)
ブルーレイン搭載のAQ-20D、名前はステラがつけた。その為か、自我を認識しているようだ。
志乃(F-1)
注射と粉薬とアカが大嫌いな、チビで生意気な女の子。チビって言うなぁ!
カルラ(Bf109F-1)
イズベルガの戦友。双方の隙間にて意識が散った状態だったが、セラが集めてつれて来た。





第3166回へ  第3168回へ

戻る
トップ