第3595回「海なのにドックだから水着のねーちゃんがいないぞ!」
2018/08/11(土)

「あんたまた寝落ちしたでしょ? 金曜日の分。しかもまぁ〜〜〜った、次の日の21時回ってるし」
「シ、シテナイヨ(汗」
「私の目を見て言いなさいな(ゴゴゴゴゴゴゴ」
「ゲェー!! しましたー!! だって日々の疲れとか出張の疲れとか諸々もろもろモロモロが!!!!!!!」
「………………はぁ〜」
「まぁ、そういうことにしておきましょう」
「慈悲深いのぅ」
「ですねぇ〜」
「ま、それは置いといて」
「……うん」
「Web拍手に質問お便りだよ、ほいっ」


>中尉殿、質問です。仮にアリス達の水着姿を無断で撮影した場合は、確実に恐ろしい目にあいますかな?例えば、煤原大尉殿の場合は、カメラに亀裂が発生しそうな位の眼力と強面で睨み付けますかな?ただ、リエナ准尉殿に対しては、自身の財布を取り出しながら、「後でデータのコピーが欲しい。」と、言いそうな妄想が(^o^;)中尉殿をはじめ、他のマスター達の反応も気になりますf(^_^)


「どうなの?」
「ああ、煤原大尉は怖いぞ。眼力もさる事ながら、ドスの聞いた低い声で……な!
「えぇ〜、そうなんですかぁ〜?」
「お前は見た事ないだけだ! 怖いんだ!! 怒らせちゃダメ! 絶対!!」
「まぁそうじゃろうの」
「橋野の場合は、無言でアームロックだな!」
「アームロック……。あ、わたくしのマスターは?」
「伊瀬はあれだろ、ドロップキックをかまして撮影料を請求した挙句に、フィルム取り上げ若しくはデータ消去だな」
「や、やりそうですわ……」
「ウチのはどーなのよ?」
「市川は直接攻撃には出ないぞ、眼光はヤバイがな! 即座に無線取り出して、憲兵召還だな」
「喜多見さまはぁ〜?」
「教官は相手を捕縛した後、説教地獄、それからグランド10000週、遠泳300キロ、えーとそれからそれから
「人間の限界を超えておらぬかぇ?」
「容赦しないって事ネ」
「……あの、マスターは?」
「絶対に逃がさないぞ。ダッシュで捕獲、憲兵さんコイツです!!」
「……はい」
「それで、「後でデータのコピーが欲しい」とはつまり……?」
「そりゃ〜もちろんコレっしょ(スッ」 ←マイカメラを出した
「リエナが撮影した写真のデータを、売って欲しいと」
「あたしのはたっかいよ〜(カシャッ」
「法外な値段を提示しそうだ」
「勿論売らないけどネ」
「そりゃそうじゃ」

アリス(Su-37jk)
髪も白、服も白、とにかく白い無口・無表情。セラフィナよりは喋る。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。
もみじ(JE-1)
躑躅隊・翼の姉妹達の頭脳、まさにセントラル。怒らせないように! 絶対にだ!
ガーベラ(Su-37jkE)
翼の姉妹達の仲ではお姉さん役。妨害電波でみんなを守る。待て、毒電波ではないぞ!
レオナ(Su-34jk)
普段はぽけぽけしているが、攻撃・爆撃時になるととにかく攻撃的になる。
秋元 健太(無気力星人)
アリスのマスター、趣味と萌えに生きる無気力星人。





第3594回へ  第3596回へ

戻る
トップ