第3784回「戦いの果てに……」
2019/02/16(土)

破壊された
大地


 びゅおぉぉぉ〜


「うぉ!? なんだここは! そこらじゅう穴だらけで、ま、まるで地獄だ!!」
「ふぉっふぉっふぉっ、ここはかつて争いがあった地。荒れ狂う巨大な怪物達と、回転砲を構えた破壊乙女達による、どちらかが滅ぶまでの争い」
「ど、どういうことだってばよ!?」
「こっちじゃ」
「?」
「見なさい、あれを(スッ」 ←指差した


 びゅおぉぉぉ〜


「な、なんだありゃ……」
「あれこそが荒れ狂う巨大な怪物、この地をこのようにしたモノだ」
「なんてこった、こんな事が……破壊乙女達はどうなったんだ?」
「それは……怪物も、乙女も、双方とも滅んだのじゃよ。戦いの果てに、互いを壊しあってのぅ」
「残ったのは残骸と、荒れ果てた大地だけか! そんなの何も、何も!」
「定めじゃ」
「なぁにアホな事言ってんの?」
「長老! こいつは……!?」
黙示録そのものじゃ……」
偵察機だけにって?」
「冗談はさておき、またやってたのかヴァレンタイン戦争
「毎年やってるからね」
「今年はヴァレンタイン側も強力だったよ」
「あとで映像見せて、記録してるんだろ?」
「勿論、いいよ」
「よし、じゃあ私の部屋で鑑賞会だ!」
「おー!」

海袮(P-3C)
撃沈したぁぁぁぁい! 油断するとすぐに駄洒落が飛び出す。駄犬とか言うな!
クリスティーナ(Tu-22M3)
割とネタに走る、都内某所に入り浸り!? (実用的な)筋肉フェチらしい。
リエナ(Su-37jkR)
偵察が大好きなお調子者。元気の塊、略して元塊。妄想癖な一面もある。





第3783回へ  第3785回へ

戻る
トップ