車とか模型とか日記
車とか模型とか日記

<< 2008年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事
2008年06月13日(金)
というわけで
2008年06月13日(金)
そして夜が明け



Web拍手の返信は、トップページの絵日記にて。

●スバル プレオRS(RA1 B型)のDIY作業を全然詳しくない感じでテキトウに晒しています。
自分好みにチューニング(調律)してます。最近は足回りのセッティング地獄(天国)中。

●日記内の一部にあるゲーム画像は、ゲーム会社に著作権があります。


OR AND
スペースで区切って複数指定可能。
というわけで

 
 今回のオイルはこれ、「Castrol EDGE 5w-40」
 やっぱり低粘度オイルより、若干固めのこっちのが好きです。言葉で表すならば、前回のオイルの場合、滑るんですよ。パワーが伝わってないと言うか、エンジンへの負担は少ないのでしょうが。で、今回の場合、ガッチリ伝わってくれるので、踏み込んだときの加速が違います。

 こういうのって、CVTフルードもあるんじゃないかなーとか思ったりもします。
 低粘度だと、トルコンの関係でかなり滑りそう。ECUのセッティング自体が、マイルド方向だってのもあるようですが。


 あ、原付@アリスは2サイクルのJOGなんですけど、こいつのCVTってものすげぇパワー重視に感じますね。アクセルをフルにすると、0スタート序盤からガツンッと一気に伸びる。こういうのが好きなんだよ! だからECUを(ry
2008年06月13日(金)
●車 >> ┣プレオ RS “アリス PRS” >> ┃ ┣メンテナンス

そして夜が明け

 再び戦闘開始。
 プレオだけに限った事じゃないかもしれませんが、もうね、配線カッツカツのギリギリ。なんでそんなに余裕ない長さにするの!?(不要だからです
 普通は外しませんからねぃ。
 で、ギリギリの長さの配線と格闘しカプラーを外す。メーターが取れる(ヤッフー!


 
 どうやら前オーナー(前々オーナー?)はこの辺から電源を取ったらしい。イルミとアースですか? これ。 リアのトレーリングアームブラケットが変わっていた事といい(*勘違いです、変わってませんでした。後期だと思ってましたが、実は前期型のままでした)、これといい、ドレスアップ系だったのか? そういや、フロントバンパー下部のネジがねぇぇぇんすよ。外した時なくしたのか? まさかね!
 で、アクシデント。配線が終わってメーターを戻して、メーター類を設置し終えて、いざオイル抜きとしゃれ込もうと、車の位置を変えるべく動かしたところ……あれ? Dレンジの電球が点いていない。Dレンジに入っているのに! 玉切れしてました。トンだか……? 予備なんぞあるわけないので、どうせ使わないSレンジの玉をぶち込んどきました(ぉ
 二度目のメーター取り外しは楽でした。要領つかんでいたので(笑


 
 これがスピードモニター。丁度、純正メーターバイザーの上ッす。位置的には遠くを眺める感じで。ブースト計も視界に納まります。
 REVのバーグラフはちと見辛い。REV用もほしいところ!
 あと液晶系の宿命か、後ろから光が来るととてつもなく見辛い! 夕方とか。これは仕方ありませんねぇ。


 
 油圧計と電圧計。メーターフードは、ポリプロピレンで自作。これの接着に外装用両面を使ったのですが、これ、PPとかにはつかないそうで……案の定、太陽熱で軟化し、7時半ごろに起きた時にはPPの戻ろうとする力ではがれてやがりました。
 仕方ないので原付@アリスをスタンバイ。ホムセンで、PPや軟質プラに使える両面をGET。90度まで耐えるそうなので、暑い車内でもまぁ大丈夫でしょう多分。


 
 油温計、水温計、ブースト計。メーターフード作った影響でクリアランスがやばくなり、ちょっとずらす。
 ブースト計は同じ位置。


 
 プレスサーバーは、ブーストとテンプサーバーと同じ場所にぶち込む。もとよりここにぶち込む予定で穴あけなどを行っていた為、すんなりはまりました。
 で、今回気づいたんですけど、この裏に用途不明の配線が。円筒型の後付ヒューズボックスがついてるし、カプラーは外れてるし、これは前オーナー(前々オーナー?)が何かつけてたって事ですね。ヒューズ噛ましてるって事は、それなりのものか……オーディオ系?


 
 んで、今回ぶち込むのはカストロール「EDGE 5w-40」の1リットル缶×2(新品)&余ってた4リットル缶(残量1.3リットルほど)。前回のオイル交換前に入れていた奴ですな。これ、フィーリングがすきなんですよ。暑かったから、テスト走行で早速110度食らわせましたが(ぉ
 やっぱねー、こう、グンッと加速するんです。ヌルヌルしない。低温でも高温でも、しっかり答えてくれるのでお気に入り。でも来月にはフラッシングで排出しちゃう予定……いやま、エンジン内のスラッジで、早速黒っぽくなっちゃいましたけど。
 エコロジーとかねーのかと言うお話はまた今度聞きます。
 フィルターは、二回目のオイル交換なので、これも交換。今回は、来月フラッシング予定なので、純正系で。AUTO LAND「OIL FILTER S-14」
 隣でてかっているのはドレンパッキン、ドレンガスケット、どっちだよ。いいえ、ワッシャーです。分かりません。とりあえず、鉄製で、潰れて密着するタイプ。純正は銅製らしいのですが、やっと見つけたのがこれなんで。漏れなきゃ同じだ!


 
 で、排出した「多分10w-30」です。真っ黒です。前回入れたのが、5/19、今日は6/13、一ヶ月もしないでこれですか! どう見ても真っ黒です、ありがとうございます。
 マジでやばいぞこりゃ……


 すったもんだあって、TANIDA「油温アダプター」を介して油圧センサーをM12のネジ穴に接続し、新品オイルを入れ、油圧計の初作動!!!!!!!!!!!!!!!!11111……おや? なんでエンジン動かしてないのに、MAXの10kpa指してんの!? いきなりブローしてしまうわ! 知ったことかとエンジン始動、最初は狂ってるのかもと淡い期待を持ったが、MAX位置から微動だにしない。油温を安定域100度にぶち込み、110度まで熱してやっても、こいつは微動だにしない!
 で、えーじさんと交信しつつ原因を探ってみるが、どうもセンサー自体が逝ってるようだ。PIVOTにも連絡を入れて、恐らくそうだろうと言うところでタイムリミット、土日をはさむので月曜の返信待ちとなる……
 嗚呼……なんてこったい。
 とりあえず、この一連の原因究明でセンサーだけ外して、M12のメクラボルトに差し替えときました。
 え? オイルはどうしたのかって? オイルフィルターの手前にオイルブロックでセンサーをつけてる訳ですが、運転席側をジャッキアップして、M12に刺さってるセンサーを引っこ抜いたところ、思いのほかオイルが出てこない! 位置的に、ここのボルトだけ抜いてもそんなに漏れねーべ?と踏んでやった訳ですが、これなら一旦抜く必要がなく楽ですね。
 因みにセンサーぶっこ抜きは、油温70度でやりました(爆
 だって日が暮れちゃうと嫌だもの……勿論軍手装備、最後の引き抜きはラジオペンチ君で回す(笑
2008年06月13日(金)
●車 >> ┣プレオ RS “アリス PRS” >> ┃ ┣弄り


トップページ

[Admin] [日記表紙]

shiromuku(fs6)DIARY version 2.41